韓国美容・韓国コスメの情報発信サイト 美コリアへ

 2008.3
 
韓方(ハンバン)とは?
 
 韓方美容の基本は経洛マッサージと韓方薬材を使用した処方によります。皆さんも、近頃の韓国美容美容情報とか韓国で実際美容院やスパに行かれた方なら必ず経洛マッサージなどを見たり、受けたりされたと思います。また、韓方化粧品などは、ほとんどその主成分が韓方薬材から作られます。韓方化粧品の后(フー)や雪花秀などでも高麗人参の香りがしますよね。それも韓方薬材の香りといえます。「カンポウ」といえば、すぐに「漢方」を連想される方もいますが、韓国独自でアレンジしたものを「韓方(ハンバン)」と呼びます。
 
 韓方処方で製造された化粧品を韓方(ハンバン)化粧品といいますが,美コリアでは数回に渡りこの韓方化粧品の特集を行います。
韓方化粧品 雪花秀
雪花秀
 
 
韓方化粧品 美思 韓律(ハンユル)
美思とハンユル
 ウェルビーイング ブームと自然主義拡散で韓方(漢方)秘法を化粧品に適用した韓方(ハンバン)化粧品が韓国内化粧品市場の新しいトレンドに浮び上がっている。
 
 韓国内化粧品市場は全般的な経済鈍化による中堅企業の苦戦と中低価格市場の膨張による市販市場の困難などでその間苦戦をまぬがれなくなっている実情だ。
 
 特に韓国アメリカFTA交渉結果により韓国内産業の7倍に達する米国化粧品企業が大挙韓国市場に進出するようになる場合,韓国内化粧品産業の困難は
より一層加重されると展望されていて危機克服のため新しい代案摸索が要求されている。
 これと関連して,最近急激な成長の勢いを見せている韓方(ハンバン)化粧品がこのような市場危険性克服のための代案に浮び上がっていて注目される。これに韓国内化粧品市場の新しい成長動力に浮び上がっている韓方(ハンバン)化粧品を集中特集してみる。
 
 
韓国内市場新しいトレンドに浮び上がって
20個余り業者で100余りのブランドが市場に発表

 
 韓方(ハンバン)化粧品は文字どうり韓方(漢方)薬成分と韓方(漢方)秘法を化粧品に接続した化粧品だ。しかし,これは正確にこういう化粧品が韓方化粧品と規定されているのではない。
 
 ただし,去る2005年韓国保健産業振興院が発表した'2005年保健産業技術動向'によれば韓国食品医薬品安全庁(日本で言う厚生省)は韓方化粧品を東医宝鑑を含んだ11大韓医学書籍(本草綱目,ク藥集成方,方藥合編,濟衆新編,四象医学,壽世保元,景岳全書,医薬入門,廣濟秘笈,薬性歌)に言及した漢方薬を含有した化粧品’を韓方(ハンバン)化粧品だと整理している。
 
 一般的に化学成分で作られた化粧品が肌に刺激があって即効的な効果をみることができないのに反して,韓方(ハンバン)化粧品は永らく人類が使ってきた韓方(漢方)薬の効能で肌のトラブルなく肌の改善効果を与えられるという長所を持つ新しい化粧品類型だ。
韓方化粧品 ダナハン
ダナハン
 
 
番外 神話となった韓国最高の化粧品「雪花秀」
 
第1回 韓方化粧品の競争力
 
第2回 「韓方(ハンバン)」制度化-支援育成策至急
 
第3回 「形だけ韓方(ハンバン)」では信頼得られず